TOP > 桑田専務理事のポスティングブログ > 佐々木副理事長が講演を行いました
2019/06/14

佐々木副理事長が講演を行いました

佐々木副理事長が講演を行いました

4月24日(水)有楽町の東京国際フォーラム展示ホールE1にて宣伝会議さんが主催する「アドタイ・デイズ2019」のスピーカーとして佐々木副理事長が参戦!「うまくいってる人は教えたがらない!なぜいまポスティングか!!~20年以上の経験則に基づく10の仮説~」と題し講演をいただきました。

講演内容は《ご存知でしょうか?未だかつてないくらいポスティングが熱い。それは業界内にいるからこそ感じるものがあります。なぜいまポスティングなのか?それは新聞購読世帯の減少と、スマートフォンの普及である。新聞折込広告の代替え手法としてポスティングが使われ、チラシで気づきを与え、スマホで検索する。広告業界に今までなかった消費者行動が起こっている。ポスティング会社の選び方から、ポスティングのメリット他、20年以上の経験則に基づく仮説をご紹介いたします。》


講演者プロフィール 佐々木 実 氏
1969年、大阪市生まれの岐阜県育ち。高校卒業と同時に、岐阜県から大阪へ。バブル最終期にショットバーのメッカ、大阪心斎橋鰻谷の名店であった「バー橋本」でバーテンダーとして勤務。当時流行語だった「24時間戦えますか」を地でいくほどの労働と、社交コミュニケーションの狭間で揉まれ、社会人の厳しさを知る。

他、広告代理店、リフォームの営業マンを経て親会社である「イースマイル」へ広告担当として入社。2014年6月より、現職である株式会社アドワールド社長就任と数々の転職を経てきた雑草派。

自分がそうであったように、転職組の履歴書職数だけで一次審査を落とすことはせず、逆にそのような人の中に苦労を知った「人材の原石」がいるのではないかと思うようになる。

■好きな言葉・・・「君が憂いに我は泣き、我が喜びに君は舞う!」
■家族・・・妻と娘の3人暮らし

毎年の「年賀状」では、ジョークで始めた何かしらのコスプレ演出が恒例化してしまい、各社様から次何するの?と言われることに、広告表現には「遊び心」も必要であると自負する。


佐々木副理事長の著書 Amazonでお求めください~
お求めはコチラから